食糞をしつける

飼い方に気を付けたいパピヨン
パピヨンが食糞をしてしまった場合は、まずは慌てたり騒いだりせずに
静かに糞を片付けます。

飼い主が騒ぐと、遊んでいると勘違いして、また同じ行動を取ってしまいます。
もし口元に付いていたら濡れタオルなどで取ってあげましょう。

しつけ方としては、散歩などの運動を増やすことを行いましょう。
パピヨンに限らず、多くの犬が食糞をしてしまう原因に、運動不足が考えられます。

留守番が多かったり、日中めったに散歩に連れてもらえなかったりすると、
運動できない不満が溜まってしまい、普段はしない行動を取ってしまうのです。

まずは、毎日の散歩をしっかりと行う事です。

パピヨンは小型犬ですが、犬の本能として外で走ることを喜びに感じています。
散歩の途中で公園などがあったら、ロングリードに変えて走らせてあげたり、一緒に走って遊んであげる事が重要です。

外でしっかり走ると、家の中では疲れて寝てしまう為、食糞や噛みつきなどの悪さをしなくなることが多いです。
よって、しつけ方としてはまず運動をしっかりと行う事をお勧めします。

ペットのパピヨンとの遊び方はこちら

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境