信頼関係が重要

飼い方に気を付けたいパピヨン

活発に動く

パピヨンは頭が良く物覚えの良い犬種で、風貌は優雅ですが、
運動神経が良く活発で、自己主張の強い食いしん坊です。

わがままに育ててしまうと、人間が犬に従うようになってしまうでしょう。

正しいしつけ方を身につけて、接する必要があります。
どの犬種でも、飼い主と犬との信頼関係が大切ですが、
パピヨンは人間の気分や顔色を認知できる、人との親密性を重視する犬種ですから、
愛情不足によるストレスはとても大きいものになります。

頭が良く人間の気分がわかるからこそ、飼い主のすばらしいパートナーに
なることができる反面、頭が良いからこそ悪知恵が働き、
人間の気分がわかるからこそ、感情的な飼い主への不信を抱き
自分が上に立とうとするでしょう。

パピヨンは、遊んでくれる人をより近しい存在として認識します。
叱るときの甲高い声などは遊んでいると認識してしまうこともあるでしょう。

また、興奮しやすい部分もあるため、叱られると怖がる気持ちから、かえって無駄吠えが止まらないなどのことも起こりえます。
愛情を重視するパピヨンにとって、一番の薬は無視されることです。

褒めてあげる

悪いことをしたら静かに片付け、無視をする。
良いことをしたらオーバーアクションで褒めてあげましょう。

信頼関係と愛情を重視したしつけ方が大切です。

◆パピヨンのしつけについて

 

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境