子犬から飼うのがおすすめ

考えられた

本当にしっかりとしつけてパピヨンを飼いたい、とお考えなら子犬から飼うことをお勧めします。
パピヨンの子犬が店頭に並び、販売されるのは大体生後3か月頃です。

パピヨンのブリーダーに直接連絡し、予約をしておくと良いでしょう。
何故子犬から飼うことがお勧めなのかというと、しつけが犬に入りやすいからです。

トイレやハウスの仕方や、散歩・ご飯の食べ方など、ある程度大きくなってからまたしつけを行うのは、とても苦労します。
もちろん、可能ではありますが、しつけ方としては飼い主のぶれない姿勢が非常に重要となってきますし、時間もとてもかかります。

大きな差がある

特に重要なことが無駄吠えで、小さな頃から毎日散歩に行き、外の環境や犬・人に慣れているのといないのとでは、
無駄吠えのしつけ方に大きく差が出てしまいます。

ある程度外の環境に慣れておくと、外出先で無駄吠えもしづらくなるのです。
人懐っこく、しつけが良く入るように育てたいなら、小さな頃から飼う事がお勧めです。

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境