パピヨンの飼い方

知っておきたい発情について

犬を飼う時には、それぞれの犬種の個性を十分に理解したうえで、飼い方を理解する必要があります。
パピヨンはフランス原産の小型犬です。
フランス語で「蝶」という意味です。

耳の形が蝶が羽の形を開いたように見えることが由来です。
優雅ないで立ちも人気の秘密ですが、性格もその人気に火をつけています。

地元で人気

従順で穏やかな性格をしており、人懐こくて遊ぶことも大好きです。
この様に大変に人気のあるパピヨンですが、飼い方の注意点としてはどのようなものがあるでしょうか。

可愛いパピヨンを飼うと、その子供が欲しくなる人は少なくありません。
そもそも発情期というとオスを想像しがちですが、実はメスに限定されるものなのです。

メスが発情期に醸し出すフェロモンにオスが誘われるのです。
最初の発情期は生後6,7か月~12か月ごろに起こります。

誘われて

開始時期は犬種によっても差がありますが、小型犬は比較的早いと言われています。
それ以降は半年に1回程度であります。
妊娠を望んでいない場合はオスと一緒に飼っている場合はもちろん、散歩の時にも注意が必要です。

仮に子どもを望んでいたとしても、パピヨンなどの小型犬は難産が多いため、身体がしっかり出来上がっていない時期の妊娠は負担になります。
妊娠の時期もしっかり検討する必要があります。

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境