パピヨンの飼い方

パピヨンを好んだ歴史上の人物

飼い方に気を付けたいパピヨン

パピヨンは中世ヨーロッパで誕生した犬種になりまして、長い歴史を持っています。

元々はヨーロッパの貴族階級で愛されていたドワーフ・スパニエルが
起源となっていまして、さらに小さくて可愛いものにと改良されたのが
パピヨンなのです。

改良された

それから15世紀以降は多くの方に可愛がられてきて、今でも愛され続けています。
パピヨンが誕生した当時のヨーロッパも当然貴族階級が支配している
世の中になっており、パピヨンを愛していた代表的な人物が
ポンパドゥール夫人とマリーアントワネットになります。

その他にもルイ14世などもいまして、貴族階級の間で寵愛を受けていた犬として有名です。
そのなかでも特に名前が挙げられるのはマリーアントワネットになりまして、本当にパピヨンが大好きだったらしく
ベルサイユ宮殿の庭園で散歩させていたのではないでしょうか。

逸話として残されているのが、フランス革命において彼女は処刑されてしまう訳ですが、
その死ぬ寸前までパピヨンを可愛がっていたそうで、一緒に処刑されることを望んでいたそうです。

しかし、実際はパピヨンは処刑を免れて、一緒に旅立つことができないといった話が残されています。
パピヨンの歴史は、そこから暗い物語になりまして、貴族階級に寵愛されていた犬になりますから、
貴族の象徴やトレードマーク的な扱いを受けてしまっており、怒りなどが溜まっていた
民衆などによって迫害を受けることになり、一時的に絶命寸前の状況まで
追い込まれたとも言われているのです。

パピヨンの歴史

現在では可愛い姿で愛されていますので絶滅せずに今日まできています。
名前の由来でも蝶は、美しい耳の形から来ており、尻尾もリスのふんわりと丸まって
ゴージャスで小さくて可愛らしいですから貴族の人達を虜にしたのは間違いないでしょう。

知能の高さもトップクラスと言われており、行動力も性格も活発ですから
当時の多くの貴族や15世紀以降でも生き残り続けたのも分かるはずです。

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境  動物愛護法