パピヨン専門ブリーダー「天使のパピヨン犬舎」のアレルギー・病気対策

飼い方に気を付けたいパピヨン
天使のパピヨンではアレルギーなどの予防のために、
ワクチン接種を行っています。

混合ワクチンは年1回必要なのかと疑問に思う人もいますが、
パピヨンが病気に対する抗体を持っているかどうか、検査
すると把握することが可能です。

獣医師によって意見はさまざまですが、アレルギーや病気に
対する免疫効果は1年すると薄れるようになっています。

特にパルボウィルスについて、半年すると免疫が薄れるので半年間隔で
接種するオーナーもいます。

パピヨンにとって怖い感染症はパルボウィルスで特に注意が必要です。
パルボウィルスだけのワクチンがあるので、一種類だけなら体への負担は少ないでしょう。

予防接種

ウィルス感染するケースは実際少ないので、年一回は必ず接種することをおすすめします。

近隣付近で特定の伝染病などが流行っている場合、追加ワクチンを行うことが大切です。
感染症のなど病気にかかるリスクは小さいですが、最低年1回のワクチン接種を受けておくと安心です。

天使のパピヨンのブリーダーに相談すると適切な接種時期を教えてくれるので便利です。

寄生虫や原虫を駆除しよう

パピヨンを飼育する際、寄生虫の駆除に注意が必要です。
子犬は生まれてすぐ親犬から寄生虫や原虫などをもらうことが多く、親犬の場合は問題が
ないものでも子犬になると下痢などの症状が出ることがあります。

中には生命の危険になるケースもあるので、きちんと駆虫することが大切です。

親犬の寄生虫を駆除すると効果的だと思いますが、親犬から完全に駆除することができません。
生後2ヶ月まではブリーダーがきちんと駆虫していますが、その後再感染するケースもあるでしょう。

育てる

駆虫しないと健康に悪影響をもたらしたり、生命にもかかわってくるので注意が必要です。

下痢が長く続いたり、水溶性の便が出ると寄生虫にかかっているかもしれません。
血便が出ると特に原虫類を疑ってみましょう。

原虫は子犬に影響を及ぼすことが多く、顕微鏡で見ないとなかなか見えません。
抗生物質で簡単に駆除することができますが、そのまま放置していると危険です。

天使のパピヨンのブリーダーは寄生虫や原虫の駆除を徹底していて、
その後の健康管理について相談することができます。

 

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境  動物愛護法  病気対策  教わる